職場に不満を持ったり、キャリアアップをしたかったり、家庭の事情があったりして
転職をするケースは看護師には珍しいことではありません。
その際の職場選びを誤ってしまって何度も繰り返すことになるのはよくあるパターンです。
不満を解消しようと思っていても、同じ不満が次の職場でも募ってきてしまったり、
キャリアアップを目指して予定した通りには実現できなかったりするケースは少なくないのです。
このような問題の原因となっているのは目的の具体性が低く、解決策が明確になっていない場合が多いと知っておきましょう。
転職をする際には目的があるものですが、それがあまりに漠然としていると、
次の職場として選んだ場所でその解決ができない可能性が高まります。
具体的にこういった問題があって、それが解決されている職場であるとはっきりわかるように職場選びをすると失敗がありません。
看護師の場合には求人が多くて何度でも職場が選べるというのは事実ですが、それにかかる労力は多大なものです。
何度も繰り返していると採用されなくなるリスクも高くなるため、一度で決めるという気持ちを持つ必要があります。
目的を明確にして、その達成のための必要事項を紙に列挙してみましょう。
そして、その全てか少なくとも大半を解決できる職場の候補を考えていくことが大切です。
転職の際の職場選びで誤った選択をしないための基本事項として、目的の明確化を忘れないようにしましょう。
また転職というせっかくのチャンスを失敗しないためには、一人ひとりの状況や希望に合った転職先の選び方をすることが大切です。